バッファローデータ復旧サービスセンター

 最終更新日:2024/02/01

バッファローデータ復旧サービスセンターの画像1
スピード感のある障害診断と復旧作業を、良心的な価格で提供!
おすすめポイント・全国4か所で受付対応
・記録メディアメーカーだからこその技術力とノウハウ
・テレビ録画復旧も○
対応製品
外付け・内臓ハードディスク、テレビ録画用ハードディスク、ネットワーク対応HDD(NAS)、SSD、USBメモリー、SDカード・CFカード、バッファロー製nasne™、光メディア、おもいでばこ、パソコン・サーバー・スマートフォンなど
復旧実績
記載なし
費用【外付けハードディスク1ドライブモデル/内蔵ハードディスク】
■ バッファロー商品
〈軽度〉論理障害:3万3,000円(税込) 物理障害:6万6,000円(税込)
〈中度〉論理障害:4万9,500円(税込) 物理障害:13万2,000円(税込)
〈重度〉別途見積

■ 他社商品
〈軽度〉論理障害:4万4,000円(税込) 物理障害:7万7,000円(税込)
〈中度〉論理障害:6万500円(税込) 物理障害:14万3,000円(税込)
〈重度〉別途見積
問い合わせ
電話・メールフォーム
受付時間
月~金 9:30~17:00(祝日除く)
会社情報
株式会社バッファロー データ復旧センター
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町二丁目6番6号
ニッセイ神田須田町ビル7F

バッファローデータ復旧サービスセンターは、スピード感のある障害診断と復旧作業を良心的な価格で提供しているデータ復旧業者です。

デバイス到着後即日で診断結果の提示と見積もりを出し、最短1日で作業を完了してもらうことができる、スピード感のあるサービスを提供しています。

今回はそんな、バッファローデータ復旧サービスセンターの魅力や特徴を詳しく紹介します。

バッファローデータ復旧サービスセンターの公式サイトを見てみる

おすすめのデータ復旧業者 ランキング1位はこちら

バッファローデータ復旧サービスセンターの特徴①記録メディアメーカーだからこその強み

バッファローデータ復旧サービスセンターの画像2バッファローは外付けハードディスク国内No.1の販売シェアを持つ記録メディアメーカーです。一般社団法人日本データ復旧協会(DRAJ)の会員企業として真っ当なサービスと料金の設定をしており、信頼してお任せすることが可能です。

ハードディスクを26年間開発してきた経験から積み上げられた、データに関する知識と技術の豊富さが特徴となっています。

データ復旧のスペシャリストが責任を持って作業を行ってくれるので、安心して依頼することができるデータ復旧サービスとなっています。パソコンのデータ復旧に関しては、バッファローのグループ会社であるアドバンスデザインにて作業を行ってもらうこととなります。

信頼できるサービス

バッファローデータ復旧サービスセンターは、一般社団法人日本データ復旧協会(DRAJ)の会員であり、安全性と正当性の高いサービスの提供を目標としています。

DRAJの行動方針を遵守し、誇大なデータ復旧成功率を謳わない、不当な請求をしない、データが復旧できない場合は料金が発生しないなどの特徴があり、信頼性の高いサービスを受けることができます。

スピード感のある対応

バッファローデータ復旧サービスセンターは、復旧作業を依頼するデバイスの直接持ち込みまたは郵送に対応しています。持ち込みや郵送は、全国4拠点(東京・名古屋・大阪・福岡)で受付対応をしてもらうことが可能です。

郵送の場合は、デバイスが到着した後1営業日以内で診断結果と見積りを報告してもらうことができ、直接持ち込みの場合は、即日に診断結果と見積りをもらうことが可能です。見積りに同意すれば、復旧作業は最短1日で終了するので、非常に早くデータを復旧させることも可能となっています。

注意点としては、福岡拠点は持ち込みのみの対応となり、郵送は受け付けていないこと、また、診断・復旧作業は行っていないので急ぎの場合は東京か名古屋、大阪への郵送か持ち込みをおすすめします。

2022年7月より開始された「テレビ録画復旧サービス」では、テレビの録画用ハードディスクの障害に対応し復旧作業を行ってもらうことができます。

テレビ用のハードディスクの復旧作業に関しては、訪問での作業にも対応しています。訪問対応してもらえる地域は北海道、本州、四国、九州、沖縄本島と広く対応可能となっています。

バッファロー製品ならコストが抑えられる

バッファローの製品であれば保証期間内に生じた軽度の論理障害は、無料で復旧作業を行ってもらうことが可能です。また、バッファローの製品であれば保証期間外であっても、データ復旧作業料は論理障害・物理障害ともに、他社製品よりも安い値段で作業を行ってもらうことができます。

バッファロー製品のデータ復旧で、どこに連絡するか迷っている方はぜひ一度バッファローデータ復旧サービスセンターへ相談してみてください。

バッファローデータ復旧サービスセンターの特徴②透明性の高い料金設定

バッファローデータ復旧サービスセンターの画像3バッファローデータ復旧サービスセンターでは相談から初期診断、見積もりまでを無料で行ってもらうことが可能であり、さらに見積もり後のキャンセル料金も無料となっています。診断してもらった記録メディアの返送料も負担してもらえます。

データ復旧サービスの作業料については、一律固定料金で見積り後の追加料金なしとなっていますが、メディアの種類と障害の重症度によって都度見積もりが必要な場合がありますので料金が変動する可能性があります。

また、作業料は成果報酬型であり、復旧作業後に復旧が不可能であった場合は作業料が無料となります。復旧ができなかった場合のデバイスの返送料も、バッファローの負担となります。

復旧データのメディア料が無料

データ量に関係なく、復旧作業後のデータを格納するメディア料が無料となっています。記録メディアの中に、大量のデータが保存されている場合でも追加料金が発生することがなく、見積もり時の金額厳守なので安心です。

使用用途や記録メディアの特徴から、希望のメディアに復旧データを入れてもらうことも可能となっています。記録メディアは外付けHDD、ポータブルHDD、SSD、LinkStation、TeraStation、おもいでばこから選ぶことができ、こちらは有料プランとなっています。

うっかりデータ削除の場合は低価格で復元

バッファローデータ復旧サービスセンターでは、誤って消してしまったデータを復元したいケースに対応し、破格の1万1,000円(税込)でデータ復旧してもらうことができる「うっかり削除の復元プラン」があります。

このプランを利用する際は、データを削除・フォーマットした場合にのみ有効であること、データが上書きされていないこと、機器が問題なく使用できることの3つの条件が当てはまっている必要があります。

条件に当てはまっているかわからない場合でも、無料で診断してもらうことができるのでまずは相談してみるといいでしょう。

依頼の流れ


次に、バッファローデータ復旧サービスセンターへの依頼の流れを見ていきます。まずは、webの申込みフォームより申し込みを行います。

申し込み後は、住んでいる地域ごとに拠点受付を行うため、依頼したい復旧データを店舗へ持ち込み、もしくは郵送を行います。拠点としては、東京都、大阪府、愛知県、福岡県がありますが、復旧作業を行っている拠点は、東京都、大阪府、愛知県になります。

その後、無料診断と見積もりとなり、持ち込みの場合には即日、郵送の場合には復旧データ到着後1営業日を目安として無料診断、見積りを行います。障害のレベルによっては数日かかることもありますが、その場合は別途見積もりとなります。

基本的に、復旧作業終了後には追加料金が発生することはありません。また見積もり後のキャンセルも可能で、返送料も不要となっています。

見積もりが終わったあとは復旧作業の注文を行い、復旧作業となります。復旧作業においては、最短1営業日で対応しています。

その後、支払いとなり、支払い方法は銀行振込(前払い)、代金引換、クレジットカード(サービス拠点での商品引取りの際のみ利用可)から選択可能です。復旧したデータは、外付けハードディスクなどに保存してお客さんへお渡しする形になります。

まずは問い合わせてみよう!

バッファローデータ復旧サービスセンターは、記録メディアメーカーならではの技術と知見でデータ復旧サービスを提供しています。一般社団法人日本データ復旧協会(DRAJ)の会員企業であることから、不当な料金請求をしない、復旧不可の場合は料金請求がないなど、誠実なサービスを受けることができます。

また、バッファロー製品であれば復旧作業コストが低くなることや、人為的なミスにより削除されたデータの復旧を低価格で行ってもらえるなど、コストを抑えやすいプランもあります。

そんなバッファローデータ復旧サービスセンターが気になる方は、電話もしくは公式ホームページのメールフォームから気軽に問い合わせてみましょう。

よくある質問


通常は、製品をお預かり後(郵送の場合は到着後)1営業日以内で対応してもらえるようです。ただし、混雑状況やお客様の製品の障害状況によってはさらに時間がかかる場合があるそうです。


暗号化やセキュリティロックがかかっている機器は、パスワード、設定情報、設定状況、暗号化ソフト等の情報をお預かりすることで、復旧できる場合があるようです。


復旧データは、バッファローデータ復旧サービスセンターで用意した外付けHDD/SSDまたはUSBメモリー等の納品メディアに保存して納品されるそうです。納品メディアの料金は復旧料金に含まれるようです。


お預かりした記録メディアがハードディスクの場合のみ対応可能なようです。
磁気データ消去装置によるデータ消去を、1,000円/台で行ってもらえるそうです。

バッファローデータ復旧サービスセンターの口コミ・評判を集めました

ヤングコーン
スタッフの丁寧な対応
丁寧に対応してもらえてデータも復旧できたので感謝です。今度からはバックアップをしっかり取ります。

引用元:https://www.google.com/

バッファローデータ復旧サービスセンターは、スタッフの対応も優れているようです。面倒だと思っても、バックアップを普段からしっかり行い、焦ってデータ復旧業者を探すといったことにならないようにしたいものですね。 価格は、一律固定料金制で、記録メディアの種類と障害レベルで料金が決定するシステムになっています。
園田美月
復旧をしてもらった
HDDの復旧をしてもらった。そんな事ができるんだって思うくらい凄いサービスだった。

引用元:https://www.google.com/

投稿者さんは、バッファローデータ復旧サービスセンターの技術力に感動しているようですね。無事、HDDを復旧させることができたのではないでしょうか。 診断や見積もりは無料なので、お悩みの方は気軽に相談してみましょう。見積もり後にキャンセルすることも可能です。また、保証期間内のバッファロー商品の軽度論理障害は、無償で対応してもらえる場合もあります。
バッファローデータ復旧サービスセンターの公式サイトを見てみる
検索

【NEW】新着情報

あらゆる業界において、パソコンは必須ツールです。しかしそんなパソコンが突然故障して、中に入っているデータにアクセスできなくなることがあります。こうなると、自力では復旧が難しくなり、中のデータを取り出すには専門業者に
続きを読む
「HDDの電源が入らない」 「認識してくれない」 「突然エラーメッセージが出るようになった」 HDDには寿命があるため、どんなに大切に扱っていてもかならず不調が出てきます。とくに大切なデータが入っていると、故障した
続きを読む
パソコンのHDDには、テキスト・画像・音楽・動画などのデータが保存されています。もしHDDに障害が起こると、これらのデータにアクセスできなくなったり、データ自体が消失してしまいます。そこでデータ取り出してくれるのが
続きを読む

おすすめのデータ復旧業者ランキング

名前

LIVEDATA(ライブデータ)

ポイント

電話やメールだけで費用の確認が可能!初心者でも安心な業界20年の老舗企業
詳細はこちら
バッファローデータ復旧サービスセンターの画像

名前

バッファローデータ復旧サービスセンター

ポイント

スピード感のある障害診断と復旧作業を、良心的な価格で提供!
詳細はこちら
デジタルデータリカバリーの画像

名前

デジタルデータリカバリー

ポイント

国内トップクラスの復旧率と売り上げを誇るデータ復旧専門業者
詳細はこちら
ロジテックの画像

名前

ロジテック

ポイント

透明性の高いサービスと料金設定。セキュリティへの配慮も高く信頼できる!
詳細はこちら
PCエコサービスの画像

名前

PCエコサービス

ポイント

シンプルな料金体系とスピーディーな対応が特徴のデータ復旧専門会社
詳細はこちら
ウィンゲットの画像

名前

ウィンゲット

ポイント

国内最多拠点数を誇る、出張対応も可能なデータ復旧業者
詳細はこちら
AOSの画像

名前

AOS

ポイント

難易度の高いデータ復旧の成功歴あり。急ぎの場合も一年中24時間対応可能!
詳細はこちら
アドバンスデザインの画像

名前

アドバンスデザイン

ポイント

データ復旧サービスのパイオニアとして高精度で安全性の高いサービスを提供
詳細はこちら