ウィンゲット

 最終更新日:2024/02/01

ウィンゲットの画像1
国内最多拠点数を誇る、出張対応も可能なデータ復旧業者
おすすめポイント・法人から選ばれている
・完全成果報酬制
・秘密保持契約を結べる
対応製品
サーバー・RAID、TeraStation、LinkStation、LANDISK、NAS機器、外付けハードディスク、パソコン、HDD、SSD、USBメモリ、SDカード、ビデオカメラなど
復旧実績
RAID崩壊から復旧、PowerEdge2950 データ復旧など
費用外付けハードディスク/パソコン(内蔵ハードディスク):2万320円(税抜)~
ネットワークHDD(NAS・RAID):要見積もり
外付けSSD/内臓SSD:5万7,000円(税抜)~
サーバー(大型仮想サーバーも対応可):要見積もり
SDカード/CFカード/CD-ROMなど:2万円(税抜)~
USBメモリ:2万円(税抜)~
問い合わせ
電話・メールフォーム・チャット・LINE
受付時間
24時間
会社情報
株式会社リプラス
〒101-0041
東京都千代田区神田須田町2-7-3
VORT秋葉原ビル5階

ウィンゲットは、東京都内を中心に全国に展開するデータ復旧サービス業者です。国内最多拠点数が特徴的で、希望に応じてエンジニアの出張サービスも行っています。

即日診断可能で迅速な対応を心がけています。さらに急ぎの案件に対しては、緊急窓口で365日夜間でも受け付けています。

今回はそんなウィンゲットについて、魅力や特徴を詳しく紹介します。

ウィンゲットの公式サイトを見てみる

おすすめのデータ復旧業者 ランキング1位はこちら

ウィンゲットの特徴①データ復旧サービス専門業者

ウィンゲットの画像2ウィンゲットは、データ復旧サービスの専門業者です。データ復旧サービスについて詳しく解説します。

データ復旧サービスとは

データ復旧サービスとは、データが保存されているメディアが故障し、取り出せなくなったデータを抽出することをいいます。一般的な修理の場合、壊れた機器を直して起動できる状態にするために、ハードディスクは丸ごと新品に交換されてしまいます。

場合によっては本体ごと新品交換になるケースもあり、中に保存されていたデータは初期化され、取り出せなくなってしまいます。故障したメディアからのデータ復旧には、それに特化した専門技術が必要です。

データ復旧の対象となるメディアは多数あります。PCやハードディスク、USBメモリなど個人レベルから所有している機器をはじめとして、企業のデータ共有に使用されるNASやサーバーまで幅広く対応しています。

そのほかにもカメラ用のSDカードやメモリースティック、ブルーレイレコーダーやボイスレコーダーなど、ひとつの機能に特化した機器にも対応可能です。

論理障害

データ復旧において、もっとも多い依頼がハードディスクドライブに関するものです。ハードディスクの障害区分は大きく分けて「論理障害」と「物理障害」の2パターンあります。

論理障害とは、ソフトウェアや機器のシステムトラブル、人的エラーによってデータを消してしまった場合のデータの消失を指します。

システムトラブルの傾向として、PCの場合は「OSが起動しない」ことや、「修復画面がループして進まない」などの症状が挙げられます。外付けハードディスクなどの記録媒体の場合は「フォーマットしてください」と表示されることが症状の代表例です。

また、サーバーやNASなどの複数台のハードディスクが搭載されている機器に関しては「RAID障害」と呼ばれる症状が起きることがあります。ハードディスクが壊れていなくても、RAID情報が破損してしまう場合も論理障害の一例です。

論理障害の場合、データが見えなくてもハードディスク内に記録が残っていることが多いため、専用ソフトや機材を使用することで復旧可能です。

物理障害

物理障害とは、ハードディスクが物理的に破損した状態を指します。物理障害は状態によって軽度と重度に分かれ、軽度の場合は専門機材によってハードディスクのクローンを作製することでデータ復旧できます。

重度の物理障害の場合は、普段聞かないような「カチカチ」「カタカタ」などの異音が聞こえることがほとんどです。これらの異音は、データを読み書きする部品が異常な動作をしているため起きるものです。

異音がした場合は速やかに機器の電源を切り、専門のデータ復旧業者に診断してもらう必要があります。無理に通電を続けると、専門業者でも復旧が困難になる恐れがあります。

重度の物理障害の場合は、クリーンブースと呼ばれる特殊な部屋の中でハードディスクの分解処置を行います。ハードディスクは精密機器であるため、チリやホコリを遮断する必要があります。

さらに同系統のハードディスクから部品交換を行い、データを抽出します。

ウィンゲットの特徴②国内最多拠点数

ウィンゲットの画像3ウィンゲットは、東京都内を中心に全国に拠点を持つデータ復旧業者です。その拠点数は業界でも最多を誇ります。

店舗への来店持ち込みや郵送にて受付しています。また、希望の場合には東京都全域で出張対応も可能です。

安全を考慮し、公共交通機関を利用せず、車で訪問しています。社外への持ち出しが難しい機器でも、利用者の敷地内で診断から復旧作業まで行うことができます。

初期診断や出張に関して費用は発生しないので安心です。

ウィンゲットの特徴③365日夜間でも緊急対応可能

ウィンゲットの画像4ウィンゲットは、急いでデータを取り戻したいという方に向けて緊急窓口を開設しています。365日夜間でも対応可能です。

迅速な対応を心がけており、最短2時間での復旧実績もあります。データの復旧には的確な判断が重要です。

ウィンゲットでは、初期診断にて必要なデータの量や破損状況を的確に判断し、迅速に対応しています。翌朝までにデータが必要という場合でも、ベストな方法で最善を尽くしています。

ウィンゲットの特徴④多くの復旧実績

ウィンゲットの画像5ウィンゲットでは、個人から大手企業、官公庁など幅広くデータ復旧サービスを行っています。さまざまなメディアで累計6万件の復旧実績があります。

また、法人や官公庁の場合、秘密保持契約の締結や申請書類などさまざまな対応がありますが、柔軟に対応しています。ウィンゲットは、テレビ東京系の報道番組で取材を受けた実績もあるため、高い信頼度がうかがえます。

ウィンゲットの特徴⑤厳重なセキュリティ体制

ウィンゲットの画像6ウィンゲットでは、大切なデータが入ったPCやハードディスクを預かるため、厳重なセキュリティ体制を確保しています。個人情報の取り扱いについての仕組みとその運用について認められた証として、プライバシーマークを取得しています。

また、個人情報だけでなく、より広い範囲の顧客情報、契約情報などの管理も厳しく取り扱っており、国際規格であるISO27001を取得しています。

利用者から預かったハードディスクは、出入口に暗証ロックキーを装備した部屋に保管しており、常に最新の注意を払って作業に取り組んでいます。

依頼の流れ

メディアの依頼方法は、オフィスに持参するか、郵送の2通りです。ただし、個人情報の取り扱いや機密保持契約、社内規定により、メディアを社外に持ち運べない場合もあります。その際は、スタッフが現場まで出向き、その場で診断し、復旧、納品する流れになります。

オフィスに持参する場合

オフィスに持参する場合、まずは初期診断や見積もりを出してくれます。初期診断では、どのような障害が起こっているのか、障害のレベルはどれくらいかを確認し、復旧できるかを判断します。
初期診断や見積もりは無料で対応してもらえます。

郵送の場合

ダンボールにメディアを詰めて発送します。自分で発送するか、集荷手配かを選択します。

データ復旧作業

物理障害の場合には約2週間、論理障害の場合は3日〜7日ほどかかります。復旧後は、希望データが復旧できているかを、データにより依頼人が確認できます。

注意点

依頼人による復旧確認は、データベースのように業者がデータリストを作成することが困難なものもあります。確認がむずかしいデータの場合は、確認できるように自分の方で準備しておく必要があります。

納品

復旧データの確認後に、料金を支払います。外付けHDDやNASにデータを保存して納品されます。

納品できない場合

復旧できなかった場合の費用は、見積もりのときに提示されます。必ず事前に確かめましょう。

まずは問い合わせてみよう

ウィンゲットは、東京都内を中心に全国に展開するデータ復旧業者です。その拠点数は業界トップを誇ります。

全国各地にある受付窓口でデータ復旧を受け付けており、店舗によってはその場で無料診断もできます。来店が難しい場合は郵送でも対応しています。

また、利用者の要望に応じて無料で出張サービスも行っています。故障した機器を持ち出せない場合でも、技術者が直接訪問するので安心です。

さらに急ぎの案件の場合は、夜間緊急窓口で即日対応も受け付けています。多くの企業や官公庁と取引実績があり、累計6万件以上のデータ復旧を行っています。

そんなウィンゲットが気になる方は、電話もしくはメールで問い合わせてみましょう。

よくある質問


出張現地データ復旧なら敷地内でデータ復旧・納品まで対応可能だそうです。


24時間いつでも相談に応じてもらえるそうです。場合によっては、翌朝までにデータを復旧しないといけない事情の方も多くいらっしゃるため、事情をお伝えいただければ、専門スタッフより折り返しのお電話も可能なようです。


休み明けまでにデータが必要な場合でも、当社は土、日、祝日も診断、復旧対応しているそうです。


原則キャンセル料はかからないそうです。ただ、出張でのご依頼の場合のみ、お客様のご都合でキャンセルなさる場合はキャンセル料が発生するようです。

ウィンゲットの口コミ・評判を集めました

Y A
信頼できる業者
ポータブルHDDのデータ復旧をご依頼致しました。重度障害でデータ確認が出来ない状態であったにも関わらず、HDDの修理の上、全てのデータの復旧には至りませんでしたが4割程のデータの取り出しに成功しました。 今回で3度目の依頼となりますが、技術力、セキュリティー面ととても信頼出来るデータ復旧会社さんだと思います。

引用元:https://www.google.com/

ウィンゲットは、厳しい状況であっても、データ復旧できるように努力してくれるのですね。無理かもしれないと諦めている方も、一度相談してみてはいかがでしょうか。 ウィンゲットは、東京都内を中心に全国対応しています。来店や出張、郵送などの利用方法があるため、ご自身の状況に合ったものを選んでみてくださいね。
サカタデザイナーズ
丁寧に対応してもらえる
当店のHDDがバックアップ、メインほぼ同時に飛ぶ現象が起き急遽依頼させていただきました。急な対応にも丁寧にご対応いただきました。 また、不思議に思った点や、こうした方が良いのかという質問にも親切にお答えいただきました。復旧も無事にでき、その後のNASによるデータ管理の方も委託させていただきました。非常に助かりました。

引用元:https://www.google.com/

投稿者さんは、ウィンゲットが提供しているサービスを気に入っているようですね。困ったときに頼りになるデータ復旧業者と言えるのではないでしょうか。 オンライン相談にも対応しているため、お困りの方はスマホやパソコンから、気軽に相談してみましょう。状況を画面で説明できるので、電話よりも伝えやすいと思いますよ!
ウィンゲットの公式サイトを見てみる
検索

【NEW】新着情報

一般的なHDDには、アクセスランプとよばれる小さなランプがついています。HDDのアクセスランプが点滅し続けるか、起動中なのに全く点灯しなかったりするときは注意が必要です。HDDになんらかの異常があるかもしれません。
続きを読む
NASはネットワークで接続しているPCやスマホ、タブレットなど複数のデバイスでデータを共有できる記憶装置のことです。 外付けHDDと違い、LANケーブルで複数のデバイスをつないで同時に使用できるというメリットがあり
続きを読む
テレビ番組の録画は、外出や仕事で見られない時に非常に便利です。しかし、録画予約をしていても、録画エラーやデータの消失といったトラブルが発生することがあります。 本記事では、テレビ番組の録画に最適な機器や、録画ができ
続きを読む

おすすめのデータ復旧業者ランキング

名前

LIVEDATA(ライブデータ)

ポイント

電話やメールだけで費用の確認が可能!初心者でも安心な業界20年の老舗企業
詳細はこちら
バッファローデータ復旧サービスセンターの画像

名前

バッファローデータ復旧サービスセンター

ポイント

スピード感のある障害診断と復旧作業を、良心的な価格で提供!
詳細はこちら
デジタルデータリカバリーの画像

名前

デジタルデータリカバリー

ポイント

国内トップクラスの復旧率と売り上げを誇るデータ復旧専門業者
詳細はこちら
ロジテックの画像

名前

ロジテック

ポイント

透明性の高いサービスと料金設定。セキュリティへの配慮も高く信頼できる!
詳細はこちら
PCエコサービスの画像

名前

PCエコサービス

ポイント

シンプルな料金体系とスピーディーな対応が特徴のデータ復旧専門会社
詳細はこちら
ウィンゲットの画像

名前

ウィンゲット

ポイント

国内最多拠点数を誇る、出張対応も可能なデータ復旧業者
詳細はこちら
AOSの画像

名前

AOS(DATA119)

ポイント

難易度の高いデータ復旧の成功歴あり。急ぎの場合も一年中24時間対応可能!
詳細はこちら
アドバンスデザインの画像

名前

アドバンスデザイン

ポイント

データ復旧サービスのパイオニアとして高精度で安全性の高いサービスを提供
詳細はこちら