データレスキューセンターの口コミや評判

 最終更新日:2024/02/01

データレスキューセンターの画像

おすすめポイント ・復旧可能なデータリストを必ずご提供
・初期調査無料(キャンセル可能&成功報酬)
・「プライバシーマーク」認定取得
・業界トップクラスのシェアと実績
対応製品 HDD、RAID、USBメモリ、光学メディア、OS/ファイル形式、SSD、マイクロドライブ、ビデオカメラ/デジタルビデオカメラ(DV)、ICレコーダー/ボイスレコーダー(USB接続タイプ)、テープメディア(磁気テープ)、FD(フロッピーディスク)など
復旧実績 BUFFALO製 LinkStationのデータ復旧、故障、崩壊、リビルドした各種RAID構成HDDの復旧など
費用 【ハードディスク復旧の例】
論理障害(軽度)
調査費用:無料
復旧費用:19,800円〜29,800円(税込21,780〜32,780円)論理障害(重度)
調査費用:無料
復旧費用:59,800円(税込65,780円)物理障害(軽度)
調査費用:無料
復旧費用:79,800円(税込87,780円)
物理障害(重度)
調査費用:無料
復旧費用:98,000円〜298,000円(税込107,800〜327,800円)
会社情報 株式会社アラジン / Aladdin Inc.
〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院1-5-6 ハイヒルズビル3F
電話番号:092-720-6633

データレスキューセンターは、高い技術と短時間でデータ復元してくれるサービスを提供しています。データの全項目を調べ、復旧できる項目をリストアップ。重度の破損をしているHDD内のデータも復元できる可能性は十分にあります。全国から利用できるので、多くの企業が依頼しており実績もたくさんあるのが特徴です。

おすすめのデータ復旧業者 ランキング1位はこちら

トップクラスのシェアと実績を誇るデータ復旧・復元サービス

データレスキューセンターのサービスは、丁寧にデータを調査し、復旧できるデータをリストアップします。

調査だけを簡易的に見てくれる業者もいますが、希望しているすべてのデータを復旧させることも重要です。有名企業も利用しており安心感もあります。

丁寧に全領域を調査

調査は全領域を丁寧に行います。企業によっては、見積もりや調査までを1時間程度で仕上げるところもあります。

しかし、あくまでも簡易的な調査で、復旧できない可能性も残っているという指摘を受けた事例があるのも事実です。

パソコンやHDDのデータの復旧は藁をもすがる思いで頼ってきていることが多いので、期待にできる限り応える必要があります。

そこで、すべての領域を調査し、復旧できるデータを取りこぼしなく調査することが大切なのです。

復旧できるリストを示してくれる

復旧できるデータはリストで示してくれます。復旧できると判断されたデータは、リストアップして依頼者に提示します。

復旧作業は依頼者が内容を確認してからです。復旧可能なデータを示してくれるので、納得して作業をお願いすることができます。

HDDの障害はレベル別に分類。レベル4に分類されるデータは、復旧不可能と判断されることも多いので、作業前に可否を示してくれるのは助かります。

有名企業も利用するサービス

データレスキューセンターは有名企業も過去に利用しています。誰もが聞いたことのある企業が数多く利用。

どの企業も迅速な対応をしてもらえて良かったと評価しています。

法人・個人問わず、さまざまなデータ復旧依頼を受けているので、思わずデータを削除してしまった場合でも安心です。有名企業が利用している会社なので、信頼できる実績を持っています。

データ復旧の専門家が迅速に対応してくれるから選ばれている

データの復旧は専門家が迅速に行なってくれます。通常は48時間以内に作業を終了させますが、急いでいる場合は、最短で6時間から指定できます。

その日のうちにデータが復旧するので、大切なデータをすばやく取り戻せるのがメリットです。

48時間以内に結果を報告

依頼から結果が報告されるまでにかかる時間は48時間以内です。

土日祝日問わず作業をしているので、2日でデータが復旧できるかの診断が可能。取り戻したいデータはすぐに必要なデータであることが多いです。

ほかの業者では3日かかるところもあります。迅速に確実にデータ復元に取り掛かってくれるのはとても嬉しいポイントです。

最短で6時間

データレスキューセンターでは、最短6時間からデータの確認を受けています。

急いでデータを復元してほしいときは、データ確認までの時間に応じたプランを選択しましょう。

追加料金はかかりますが、時間をかけずにお急ぎでデータを復旧してくれるので、通常よりもはやく届きます。

6時間であれば、その日のうちにデータの復旧作業が依頼できるので、とくに急ぎのデータでも諦めることはありません。

「高い技術」と「低価格」で行うデータ復旧・復元の流れ

高い技術と低価格で行うデータ復旧ですが、具体的にどのような流れで進められていくのでしょうか。

HDDは郵送で送るので、私たちが店舗に直接HDDを持参する必要はありません。

復旧したHDDも郵送で送ります。交通費や時間が取られず、利用しやすいのが特徴です。

問い合わせ・HDDを送る

問い合わせ・申込みをした後、復旧してほしいHDDを梱包して送付します。

土日でも受け取りが可能なので、いつでも送る事ができます。宅急便や郵便局から送付が可能。

梱包する際は、緩衝材を敷き詰めるなど、本体が傷つかないようにするのが必須です。郵送で送ったときは、受け取り後に受け取りメールが届きます。

初期調査・報告

受け取ったHDDは初期調査に進みます。初期調査は、どの程度の障害なのか、復旧可能なレベルかを判断する調査です。

病気の進行度合いを見極めるための検査と同じような調査と言えるでしょう。

データの多さや複雑さによりますが、2~3時間をかけて調査し、復旧可能なデータの有無を調べてリストアップします。

リストアップしたデータの項目は依頼者へお知らせ。お知らせを確認した後の作業依頼をもって復旧作業に入ります。

復旧作業

依頼を受けて作業をしていきます。ディスクの障害の度合いによってかかる時間が違うので、予め知っておきましょう。

軽度であれば1日を目安に、重度であれば2,3日を目安に復旧します。他の企業では復旧できなかった重度の障害も、リストの中に入っていれば修復可能です。

返送して納品完了

復旧が完了したら、返送をもって納品完了です。

料金が支払われた当日もしくは翌日に発送されるので、データの復旧から時間を空けずに受け取りが可能。最後まで迅速に対応してくれるので安心できます。

まとめ

データレスキューセンターはHDDをはじめとするデータの復旧作業を行ってくれる会社です。破損や損傷などによりデータが消えてしまった時、誤ってデータを削除してしまった時などに利用できます。数々の有名企業も利用している実績ある会社で、データの復元が可能な項目を事前に提示してくれるサービスが特徴です。復元できる項目を知ってから復旧作業に入りますが、料金がかかるのはここからです。明朗会計で安心して任せられます。また、郵送や宅配便でHDDを送れば良いので、全国どこにいても利用できるのもメリットです。

データレスキューセンターの口コミ・評判を集めました

K.Y

お客様目線のサービスで非常に利用しやすかったです

ハードディスクが機械的に故障している物理障害でも、調査後に「復旧可能なデータリスト」と「見積書」を確認した上で、復旧作業を行うか、キャンセルするか判断できるデータ復旧サービスは珍しいようなので、御社は、非常に良いサービスを提供されているなと感じました。
また、料金も明確かつ他社より低価格で、技術力の高さとスピードにも満足しましたので、御社に依頼したのは正しい選択だったと思っています。もう2度とこういったトラブルは起こって欲しくないですが、もし同様のトラブルが発生した場合には、データレスキューセンターさんに依頼しようと思います。

引用元:https://www.rescue-center.jp/

データレスキューセンターでは、復旧できるデータをリストで示してくれるため、料金が発生する前に復旧の可否を知ることができるのが、嬉しいポイントです。また、依頼から結果が報告されるまで、48時間以内のため、すぐにデータ復旧をしたい方にもおすすめです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

テレビ番組の録画は、外出や仕事で見られない時に非常に便利です。しかし、録画予約をしていても、録画エラーやデータの消失といったトラブルが発生することがあります。 本記事では、テレビ番組の録画に最適な機器や、録画ができ
続きを読む
あらゆる業界において、パソコンは必須ツールです。しかしそんなパソコンが突然故障して、中に入っているデータにアクセスできなくなることがあります。こうなると、自力では復旧が難しくなり、中のデータを取り出すには専門業者に
続きを読む
「HDDの電源が入らない」 「認識してくれない」 「突然エラーメッセージが出るようになった」 HDDには寿命があるため、どんなに大切に扱っていてもかならず不調が出てきます。とくに大切なデータが入っていると、故障した
続きを読む